FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
10.26

温度補正

Category: 地盤・基礎
コンクリートに温度補正というのがあるのをご存知でしょうか。寒い時期にはコンクリートの強度の発現が遅いため、施工の時期により、設計された強度を割増した材料を使うというものです。公共工事では当たり前のことですが、民間の住宅ではどのようにされているでしょうか。良質な業者ならちゃんと温度補正していると思いますが、一度、営業さんや社長さんに聞いてみるのも良いと思います。「温度補正」って何ですかなんていう業者さんは即刻お断りしたほうが良いと思います。基礎はやり変えが効かない大事な部分です。そんなことに知識がない業者さんは信頼ができません。施工するコンクリートの強度についても下請け任せなのではないでしょうか。

FC2 Blog Ranking
↑ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。

スポンサーサイト
2013
10.25

コンクリートの強度試験

Category: 地盤・基礎
コンクリートの強度試験をご存知でしょうか。公共工事や民間工事であってもちゃんとした工事なら当たり前に行っているものです。
まず、コンクリートを打つ現場でミキサー車からコンクリートを採取し、設計どおりのスランプ(固さ)であるか、所定の空気量であるか、コンクリート内の塩分はどうか、コンクリートの温度はどうかなどを測ります。問題なければ破壊試験用のサンプルを採取して現場の作業を進めます。
採取したサンプルは水中で養生し、1週間、4週間で破壊試験をし、所定の強度が出ているかを確認します。
最近では生コン工場もJIS工場がほとんどになり、品質管理ができているので多少費用もかかるので試験が省かれることが多いのですが、費用と言っても2回に分けて基礎を打つとしても20,000円程度のこと(業者によって違いはあります)。何千万も費用を掛けて作る住宅であり、一番基礎となる部分ですから本来はできるだけ試験をやるほうが好ましいと思います。

FC2 Blog Ranking
↑ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。

2013
10.23

しろあり業者による基礎の破壊

Category: 地盤・基礎
建物の改修工事を行うために、床下の調査をしてみると、シロアリ駆除業者が入った後だと思われることがよくあります。
基礎が丸くはつられており明らかに後から壊したのがわかるのです。シロアリ業者が本当にシロアリを駆除したのか、それとも予防的に薬をまいたのかわかりませんが、大事な基礎をあんなふうに壊してしまうなんて、シロアリよりも駆除業者のほうが家の敵といえます。九州や本州の南の海に面した沿岸地域を除き、生息しているシロアリはヤマトシロアリが多く、シロアリを見つけてから対応しても手遅れになることはありません。シロアリにやられる前に多額の費用を払った上で建物に傷をつけられないよう、業者に相談する前に設計者に相談してほしいと思っています。

FC2 Blog Ranking
↑ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。
2013
10.22

瑕疵保険会社が決めている配筋は過大

Category: 地盤・基礎
建築基準法で基礎の配筋が決められていますが、それとは別に瑕疵担保保険の基準で配筋が決められています。建物が重量別に、べた基礎のスパンよって配筋が決められているのですが、その基準は過大なケースが多いです。
瑕疵担保保険会社が決めるのですから、基準が厳しいほど問題は起こらないので、保険金も払う必要が無いのです。良質な工務店に工事を依頼しているにもかかわらず保険料を払わされ、過大な基準を作られ余分な工事費がかさむのは困ったものですね。
建物の構造計算を行い、建物の荷重をちゃんと拾って基礎の計算をすれば、ぐっと少ない配筋量で済みます。構造計算ができない人が多いので基準に従うしかないという業者さんも多いのですが、安全率を見ることと、単にオーバースペックで余分なお金がかかるのは訳が違います。
建物の状況をちゃんとつかみ、構造計算をして必要なところに必要な費用をかけるのが一番良い住まい作りであることは言うまでもありません。

FC2 Blog Ranking
↑ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。

2013
09.16

鉄筋のフックと基礎幅

Category: 地盤・基礎
基礎工事の配筋写真をご覧になったことはあるでしょうか。良い業者さんの仕事の場合、基礎の立ち上がりの鉄筋が180度曲げられています。これをフックといいます。
基礎の立ち上がりは単に上からの重さを支えるだけでなく、大きな地震が来たときに地中梁として建物を支える役割をしています。そのため、梁である以上、フックが必要となり、フックが無い場合は梁として扱えないことになっています。(少し難しい話ですね)
木造の2階建てまでの建物は申請の際、構造計算の添付が不要であるとされています。構造計算を申請の際、提出しなくても良いとしても、建物が地震の際壊れることは問題があります。基本的にフックがついていない基礎が施工されている場合、特に理由がはっきりしていない限り、いい加減な施工ではないかと疑ってみる必要があります。
また、フック付の基礎の場合、鉄筋のかぶり厚さのことを考えると、少なくとも150mmの立ち上がり幅は必要です。理想的には180mmあるのが理想的ですが、まだそこまでの基礎が施工されていることは少ないです。

FC2 Blog Ranking
↑ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。