FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
11.01

オープンネットシステムって理想の形?

Category: 設計
オープンネットという言葉を聞かれた方はおられるでしょうか。工務店に請負を依頼せず、それぞれの職人さんと住まい手の方が直接契約し、工事を進めるというもので、それをオープンネットという組織に参加している設計士がまとめ役になって進めるというものです。
その考え方は、工務店は住まい手の方と職人さんとの間に入って無駄な費用を取っているというもの。さらに、建築を進めるにあたり数多くの職種があるので、その職種ごとに競争させれば安くつく。また、設計士が管理するので、設計士に頼みたいという人の夢もかなえることができるというものです。
工事のことを充分しらない人にとっては理想のようなやり方に聞こえるのですが、大きな問題を持っています。
オープンネットという仕組みを考えた方は設計士の方のようですが、あまり良い工務店にめぐり合わなかったのでしょう。確かに、何もやらずに下請けからお金を搾り取るだけの工務店もいると思いますが、工務店の本当の仕事は直接工事をやることではなく、下請けさんたちの調整を行ったり、材料の手配を行ったりして、無事完成まで進めることが本来の仕事なのです。
その管理の仕事を抜きにして良い建物ができるはずがありません。まして、普段一緒に仕事をしたことのない下請けさんを競争させて発注し現場を進めると知らないもの同士ですから、引継ぎや連携がうまくいきません。また、工事後の責任の所在もいい加減になります。たとえば柱と建具の間に隙間が開いていたとします。別々の職人さんのとき、建具屋さんは大工さんの責任だといい、大工さんは少々のことは建具で合わせるのが当然だというケンカになったりします。工務店に頼む場合は、どちらの職人さんの問題であっても、工務店の責任なのです。
工務店のそういった仕事は設計事務所がやりますということになると、設計士が普通やる仕事に加えて工務店が行う仕事を加えるわけですから、結局、工務店が必要とする経費は同じようにかかってしまうということになります。
工程も管理する人がないと、職人さんがうまく現場に入れなくなり、どうしても工期が延長になったりします。
結局、大事な仕事を省けば易くつくというあたりまえのことであり、工務店の代わりを設計事務所がやるとしたら、専門家でないものが工事管理を行う中途半端な住まい作りということになります。
設計は設計事務所、施工管理は工務店。各職種は技能のしっかりした職人さんなどの連携で進めるのが一番であり、省けるものは多額な広告宣伝費であったり、営業マンの費用だけだと思います。

FC2 Blog Ranking
↑ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。


スポンサーサイト
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。