FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
10.28

120角の柱と105角の柱はどちらが強い?

Category: 耐震・構造
単純に考えると、105mmの柱より120mmの柱のほうが強いのは当たり前ということになります。じゃあ、そうでないことがあるのかというと、樹種の違いということが考えられます。桧の強い柱に比べて杉の弱い柱なら、桧の105mm角のほうが強いこともあると言われる方もおられると思います。
しかし、そんな微妙なことでなく、105mmの柱のほうが120mmの柱より同じ種種でも強いということが明らかにあります。同じ木から取った材でもです。
柱の強度は柱の断面に比例することは間違いないのですが、それは同じ長さであればということです。住宅に使う柱の長さは3m近くあります。それぐらいの柱になると、座屈という現象が起こり、柱に長手方向の力がかかってもまっすぐ力がかからず、弓のように曲がりながら壊れてしまう現象が起こるのです。
柱が短ければ座屈は起こりません。ですから同じ樹種でも、1mぐらいの柱と3mの柱を比べれば、105mm角の柱のほうが3mの120mmの柱より圧縮に対する耐力があるということが起こるのです。
住宅の宣伝を行うとき、我社が提供する住宅は桧の総5寸角(150mm程度)だといって宣伝されている場合があります。
一般的に見ると、まったくの同条件であれば太い柱のほうが強いのですが、単純に言えないこともあるということを頭の隅に置いておいてください。また、柱の太さはかかる力により必要な断面が決まってきます。必要以上の断面があってもオーバースペックの場合もあります。
もちろん、柱が太いということは構造耐力だけでなく耐久性にも関係すると思われますので一概には判断できませんが、単なるステータスで太い柱を喜ぶのも少し考え物です。
でも、耐久性のことを考えると120mm角ぐらいの柱は最低使いたいですね。

FC2 Blog Ranking
↑ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。